ブログに向くWordPressテーマは存在しない【断言します】

ブログ向きのWordPressテーマを知りたいネコ

『 ニャー(WordPressのテーマでブログ向きとかあるの?調べてみた限りたくさんありすぎてよく分からない。「おすすめ〇〇選」ってなんやねんって、つっこみたくなるわ。どういう基準でテーマを選べば失敗しないかを教えてほしい。)』

↑こういった迷えるネコの疑問に応えます。

この記事では、未経験から1年足らずでフリーランスエンジニアになった僕がWordPressのテーマを選ぶときの絶対的基準を解説します。

それではさっそく参りましょう!

ブログ向きのWordPressテーマとは?

上の画像は、Googleで「wordpress テーマ ブログ」を検索した結果です。めちゃめちゃセレクトされています(いや「4選とか」絶対4つも使ったことねーだろw)。

残念ながら、〇〇年度の最新情報が重要だったりブログ向きのテーマが存在したりするということはありえません。その理由も含め、ここではテーマの選び方を解説していきます。

WordPressテーマの選び方とは

まずブログだろうがメディアだろうが関係なく、WordPressテーマが最低限満たすべき項目3つ挙げます。

テーマが法人開発のものであること

たまに個人で開発したテーマを販売している人がいますが、これは絶対に使ってはいけません。

理由は簡単で、その人のやる気がなくなればテーマのアップデートがされないからです。WordPressのバージョンが切り替われば、それに合わせてプラグインやテーマも更新されなければなりません。個人開発(あるいは小規模開発、無料テーマなど)のテーマは、更新されずそのまま使えなくなるなんてことは十分あり得る話です。

よって頻繁にアップデートされていて、かつ収益をあげてそうなテーマを選ぶのが吉です。収益が上がっていればサポートも充実している可能性が高いからです。もちろん名ばかりの法人もあるので、法人であれば全てOKってことでもないですが。

テーマにPV増加のための最低限の機能があること

最低限の機能とはなんぞや、となりそうなのでリストアップしておきました。サイトの見た目というよりSEOといったPVを増やすための機能が中心です。

  • Google連携用のコード(AdSense, Analyticsなど)を埋め込めるか
  • パンくずリストがあるか
  • ページネーションが数字であるか

上記の3つの機能はSEO対策やPV数の増加に最低限必要とされるものなので、この程度の機能もないWordPressテーマは使うに値しないでしょう。もちろん、プラグインを導入したり自分でコードを書くみたいな手段もありますが、そんなことに時間を費やすくらいなら記事を1つでも多く書いた方がいいです。

テーマの公式ページや、無料お試し版などでチェックしましょう。

色合いや配置がユーザー志向であること

ここは主にテーマの見た目の話です。WordPressのテーマは、サイトのビジュアルをほぼ決定してしまうのでやはり重要です。それに後から変えるのはかなり手間です。エンジニアの僕でも思います。まじで。以下の項目は必ずチェックしましょう。

  • ユーザーが使いやすそうな配置ができるか
  • スマホ対応ができるか
  • デザインが今風か

抽象的な要件なので判断が難しい部分ではありますが、テーマの公式サイトなどを見てえいや!で決めちゃいましょう。ちなみに見た目に関してもプラグインや自己開発でまかなうのは少々ナンセンスです。そのまま使うことを前提にしてください。

補足ですが、奇抜なデザインよりもスタンダードなものの方が吉です。そういう表面上の【差別化】は、ユーザーの反応が読めなくなるからです。つまり、「斬新でいい」と思う人もいれば「何これ、よく分からん」となる人もいるということです。もちろんテストをすればより優れている方が判明しますが、そんなことよりもコンテンツの中身を良くすることの方が圧倒的に重要です。

なぜこのブログのWordPressテーマは「WING」なのか

ここまで読んでいただければ分かると思いますが、WordPressテーマは最低限満たすべき条件をクリアすればなんでもOKです。

最低の条件を満たすテーマの中で、僕はWINGを選びました。

選んだと言っても正直なんでもいいとは思っていましたが、しいて挙げるとすれば以下の点が優れていたからです(参考にしなくてOKです)。

WINGに決めたポイント
  • カスタマイズ性が高い
  • 追加機能が豊富
  • (多機能なのでテーマを自作するときの参考になる)

見た目の調整も、エンジニアであれば余裕でできるので僕は細かいところまでは気にしませんでした。例えば行間や字詰まりの調整なんかもCSSを使えば可能です。エンジニアじゃないとなかなか難しいかなと思います(WINGはデフォルトでもかなり見た目が洗練されている方です)。

見た目の調整とかできるかな〜って不安な人はWINGを購入してみてください。このブログのお問い合わせから実現したい機能を書いてくれたら、詳細な導入方法を記事にしてアップします!WINGの購入者サイトも充実しているのでそちらでみても解決するかもしれません。

まあ、ロジックや構造や仕様を理解していないとできないことが多くなります。なのでエンジニアスクールに通って一度エンジニアになるというのもありかもしれません(暴論)。

まとめ

Webサイトはコンテンツが命、テーマはえいや!で決めちゃいましょう。

このサイトでは、フリーランスエンジニアの僕が、有益な情報を発信していくので、他の記事も是非チェックしていってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。